会社情報

伝統的メニューから創作的メニューまで、幅広く奥深い中国料理を提供し続けている私たちは、
創業時からこだわり続けてきた「本物の味」と、本格中華料理をご家庭で満喫していただくことを目標に、
料理の質とサービスの向上を目指し、弛まぬ努力を続けてまいります。

 

会長挨拶

当社は創業当時より、有名百貨店内のみに限定して出店を重ねて参りました。
単に店舗数を増やすことに重きを置かず、「本当の中華の味」を追い求め、決して容易ではない問題をクリアし続けてきたことが、「美味しい」と喜びの声を頂ける桂林を作ってきたのです。
中華料理は国民性や年齢、性別を問わず、誰にでも愛される料理。「デパ地下ブーム」「中食(なかしょく)ブーム」と言われる今日、厳しい問題を抱えながら、中華料理は「デパ地下」お惣菜売場のなかでも特に激戦区となっています。
こうした激戦の中で、私たちは常に「食する」ことを大切にとらえ、品質、味ともに安定した商品を提供すること、更に安全で皆様に喜ばれるお料理を追求してきました。
無理をせず着実な出店を続け、現在では当社も全国に31店舗を出店するまでとなり、各地の売場での認知度も高まって、お客様からの期待も感じています。
私たち「桂林」は、その期待に応えるべく、素材の選定・管理から調理など全てに心を配り、創業時に抱いた気持ちをお料理に込めて、今後も皆様の食卓を豊かにし喜ばれる商品作りをしていきたいと考えています。
「大好きな中華を安心して召し上がっていただくために」私たちは努力を惜しみません。
日々の努力や探求こそが、現在の「桂林」に流れる源流と言っても過言ではないのです。

株式会社 横浜桂林
代表取締役会長

山形 繁人

 

企業理念

料理の質とサービスの向上

当社は、単に扱いやすい揚げ物や点心だけに特化することなく、「本格中華料理を家庭で満喫できること」を目標に、伝統的メニューから創作的メニューまで、幅広く奥深い中国料理をアレンジし、「美味しくて高級感のあふれる中華惣菜」を提供し続けてきました。
中華惣菜の他店と比べていただいても、バリエーションの豊富さにおいても自信があります。また、素材選びにもこだわる「桂林」では、厳しい目を持つ、経験豊かなバイヤーが、高級レストランで召し上がるお料理の素材と変わらない、新鮮で確かな食材を選び仕入れるなど、日々、料理の質とサービスの面でも向上を目指しています。

 

作りたての料理を当日に完売

当社の惣菜ビジネスの方針は、①すべての料理はお店の厨房(百貨店のバックヤード)で作る⇒「手作りであること」と、②作った料理はその日のうちにお店で完売する⇒「作りたてであること」です。この二点は、創業以来当社がこだわり続け、今日まで守り通してきたスタイル。すなわち、「桂林」の美味しさの秘密は「現場で作り、当日中に売り切っている」ことにあるのです。
店舗環境・状況により店舗に厨房が持てない場合も、当社ならではの知恵と機動力を駆使し、工場などのセントラルキッチン製の料理では決して実現できない「本当の味」の作出、実現を可能にしています。「違い」を生み出す為に努力を惜しまない桂林、その「違い」を是非とも体験してみて下さい。

 

「安全」「新鮮」「品質」から「環境への配慮」

外食と違って、「お惣菜」=「今すぐに食べないもの or 持ち帰った後に食べるもの」という、最も基本的な原則があります。当社では、時間が経過することによる「安全」「新鮮」「品質」の変化に最大限の注意を払い、調理・販売・廃棄のタイミングなどのオペレーションを細かく決定しています。
(→衛生・管理を参照)
さらに、湯煎にも、冷凍保存にもそのまま使用でき、非常に便利とお客様から評判の特製惣菜専用ポリプロピレン袋は、「蒸気口」が袋の上部に設けてあるので、電子レンジで加熱の際、「ポン」と音がして中の水蒸気が抜ける仕組みとなっており加熱しすぎることがありません。使いやすく、ゴミの量も削減できるパッケージ容器を使用することで、環境への配慮も忘れません。

 

会社概要

社名 株式会社 横浜桂林
本社所在地 東京都千代田区神田小川町3-1-3オプティクスビル3階
設立 1985年7月6日
代表取締役会長 山形 繁人
代表取締役社長 山口 恵司
資本金 10百万円
事業内容 中華惣菜の製造および販売
年商 2,500百万円(平成27年6月期決算)
展開ブランド 「桂林」「桂林常菜房」「ふそう」「富華旬菜」

 

沿革

 

昭和58年 創業。「桂林」八王子そごう店(桂林)にて中国料理惣菜の製造販売開始
昭和60年 (株)横浜桂林設立
平成5年 「桂林」千葉そごう店開店、この年、売上5億円を達成
平成7年 「桂林」西武池袋店開店
平成8年 「桂林」東武船橋店開店
平成9年 「桂林」東急たまプラーザ店開店
平成11年 「桂林」西武東戸塚店開店
平成12年 「桂林」東急東横店開店
平成13年

「桂林」三越銀座店開店

「桂林」横浜そごう店開店

平成14年
「桂林」三越仙台店開店
「桂林」西武所沢店開店
平成15年
「桂林」小田急新宿店開店
「桂林」近鉄阿倍野本店開店、この年、売上20億円を達成
平成16年


「桂林」小田急町田店開店
「江林常菜房」西武船橋店開店
「江林点心房」西武池袋店開店
「桂林」東急吉祥寺店開店、この年、店舗数が20店を超える
平成17年
「桂林」西武筑波店開店
「桂林」近鉄奈良店開店 イートイン併設 リニューアルオープン
平成18年


「桂林」水戸京成店開店 イートイン併設 リニューアルオープン
「桂林」三越日本橋店開店
「桂林」東武池袋店開店
「桂林」三越名古屋栄店開店
平成21年

「Keirin」武蔵浦和店開店
「Keirin」西川口店開店
「桂林」西武池袋店 リニューアルオープン
平成22年


「桂林」水戸京成店開店 リニューアルオープン
「Keirin」志木店開店
「桂林」近鉄奈良店 リニューアルオープン
「桂林」小田急新宿店 リニューアルオープン
平成23年




「常菜房」東京京葉ストリート店開店
「常菜房」Dila津田沼店開店
「常菜房」エキュート品川サウス店開店
「常菜房」Dila三鷹店開店
「常菜房」Dila西船橋店開店
「常菜房」テラスモール湘南店開店
平成24年




「常菜房」「ふそう」武蔵浦和店リニューアルオープン
「常菜房」志木店リニューアルオープン
「常菜房」東京スカイツリー ソラマチ店開店
「常菜房」セレオ八王子店開店
「常菜房」ラゾーナ川崎プラザ店開店
「常菜房」エキマルシェ大阪店開店

平成25年

「桂林」西武小田原店開店

平成26

「常菜房」仙台セルバ店開店

「常菜房」平塚ラスカ店開店

「常菜房」ザ・ダイヤモンド横浜店開店

「ふそう」吉祥寺店開店

平成27

「常菜房」ららぽーと海老名店開店

本社へのご案内

 

横浜桂林本社

東京都千代田区神田小川町3-1-3オプティクスビル3階
TEL:03-3518-2111

電車最寄り駅(本社まで)

都営新宿線・都営三田線・半蔵門線 神保町駅(A7):4分
都営新宿線 小川町駅(B7):4分
千代田線 新御茶ノ水駅(B5):6分
丸ノ内線 淡路町駅(A4):6分
JR線 御茶ノ水駅(聖橋口):8分